自分語り1

12月の前田さんの講演会に参加した際に前田さんの入社前後と入社してからどういう働き方をしてきたのかを前田さんが語っていました。

自分も入社してからの3年間を思い出したのですが、涙が出るほどしんどかったので思い出したくないです笑

でも今の自分には必要だなと思ったので、思い出しながら記載していきます。

僕に興味ない人は回れ右です。

上の記事あたりで僕がみんなと一緒が嫌だなぁという価値感を持ってるのは理解してもらえてるかと思います。(伝わってないか?笑)

就職

社会人1年目から東京に行きたかったので、東京に就職できるような会社を選びました。

時代がITバブルだったこともあり、SE至上主義の空気があり何も考えずにSEになりました。教育制度が整っている会社だったらどこでもいいなと。どんな会社だったとしても3年くらいしか続けないだろうなと思っていましたし、学べること学んだらすぐ辞めようと思っていました。(このときに大手に入らなくてほんとによかったです。)

今思うと会社に失礼だなと思うんですがやっぱりその辺はまだ学生で、社会のことを何もわかってなかったです。

その後、東京にくるわけですが、同期が500人もいる会社でして

僕は「500人全員ライバルだ!この中の誰かに負けてるようじゃどこいっても戦えない!

そう思って誰とも仲良くなりませんでした。
東京にも友達もいなかったので、休みの日や仕事終わり家に帰ってからはひたすら参考書と向き合いました。仕事終わりはもちろん直帰です。

唯一この会社に感謝するとすれば経営者セミナーみたいな講演会を開催してくれたことです。
そこで登壇された経営者さん(誰だか覚えてないです。)が言っていた言葉が衝撃的過ぎてめっちゃ響いたので即行でノートの裏表紙?に書きました。それでそれを出社して毎日ぶつぶつつぶやいていました。有名なマザーテレサの言葉かな?

1日幸せになりたいなら髪を切りなさい
1週間幸せになりたいなら旅行に行きなさい
1か月幸せになりたいなら車を買いなさい
1年幸せになりたいなら結婚しなさい
1生幸せになりたいなら素直になりなさい

入社後

エンジン全開で入社から絶対に負けないと燃えてる僕はロケットスタート!

休みの日は8時間、仕事終わりは3時間勉強するという徹底振り。1年も経てば資格を10個以上取得していました。

まわりのみんなは凄い!意識高い!といってくれていましたが、自分より低く見ている同期から褒められてもそんなものには全く価値が無いと思っていました。(こわいねー)

そんな同期の中にもジャイアンみたいな体系をしていてめちゃくそ頭がキレる同期がいました。(その子は今とあるAI企業の代表取締役をやっています)

ジャイアンは正論でミスをつついて精神的にプレッシャーを与えてきました。
それが要因でまわりにいた子がどんどん病んで会社を辞めていきました。

僕はまけねーと意気込んで最初はジャイアンと戦っていました。

ただジャイアンは強かったんです。正義を振りかざしてきました。

僕は負けを認めました。僕も会社にいきたくなくなりました。

ただ頭がポジティブだったので、ちょうど辞めるいい機会だわと思うことにしました。

このとき会社に入って1年半くらいの2年目の6月くらいです。23歳かな?(つづく)

あ、ちなみにこの会社2年後潰れます爆

コメント

タイトルとURLをコピーしました